決算書の作成代行の料金

佐藤会計事務所へ、決算のみをご依頼される場合のご料金のご説明です。


決算料の計算については、次の@とAの合計になります。

 @基本料金  120,000円〜
 A記帳代行料金  3,000円〜
★上記金額には、別途消費税が発生します。

決算料の見積の例はこちら


@基本料金について
基本料金とは、決算書・税務申告書・総勘定元帳の作成及び提出の手数料になります。

次の事項に該当される場合は、基本料金に各金額が加算になります。

  • 消費税の申告書の提出が必要な場合には、30,000円の加算になります。 
消費税の申告の有無の判定はこちら

  • 事業所が本店以外に複数あることにより、申告書の提出箇所が複数ある場合には、1箇所追加されるごとに、20,000円の加算になります。

  • 申告期限までに、極端にお時間が少ない場合には、割り増しをさせて頂く場合があります。その際には、面談時にてご相談とさせて頂きます。
御社の申告期限の確認はこちら


A記帳代行料金について

記帳代行料金とは、日々の取引の記帳を、御社に代わって、当事務所側でお引き受けすることに対するご料金です。

決算書を作成するためには、日々の取引が詳細に記帳された、帳簿を作成する必要があります。
その帳簿の作成方法として、当事務所では「弥生会計」を使用して、作成を行っています。


【記帳代行料金の一覧表】
 1年間の入力仕訳数  記帳代行料金
 1〜600
 3,000円〜
 601〜1200  60,000円〜
 1201〜2400  120,000円〜
 2401〜3600
 240,000円〜
 3601〜4800  360,000円〜
 4801〜  要相談


御社で会計ソフトを使用されている場合、又は入出金の状況をエクセルなどで管理されている場合で、CSVファイルなどデータとして取り出して、当事務所へ頂けるようであれば、記帳代行料金は発生しません。


なお、科目の名称の正確性は、必要としておりません。
取引内容の記載が十分であれば、当事務所でご判断させて頂くか、ご質問させて頂き、適正な科目に修正させて頂きます。

「仮払金」又は「不明」などの科目を使用して頂いて問題ありません。


ただし、データとして次の3点の項目が、著しく欠落されていると判断された場合には、記帳代行料金を頂く場合がありますので、ご了承願います。
  • 取引日
  • 取引内容(購入物・支払先・入金先の名称)
  • 取引金額

決算の業務の進め方はこちら
ご相談はこちら


【決算料の見積の計算の例】
設立間もない会社の場合の一例です。

Aパターン
(状況)
  • 設立第1期
  • 消費税の申告無し
  • 年間売上1000万円
  • 経理は会計ソフト又はエクセルなどで、データとして管理している
決算料120,000円 (基本料金120,000円のみ)


Bパターン
(状況)
  • 設立第1期
  • 消費税の申告無し
  • 年間売上1500万円
  • 経理は特に何もしていなく、通帳1冊と毎月の領収書が30枚程度ある
決算料180,000円 (基本料金120,000円 + 記帳代行料金60,000円)
★上記、一例の金額には、別途消費税が発生します。


決算の業務の進め方はこちら
ご相談はこちら
お問合せフォーム
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
ご質問はこちらへどうぞ
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)
入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。
送信先 : info@sato-tax.net


相互リンクを希望の場合は、直接下記のアドレスへお願い致します。

送信先 : info@sato-tax.net